六本木サウンドクルージング

「六本木2008SOUND CRUISING」
11月6日(木)7日(金)六本木の12箇所に及ぶ音楽スポットで開催される音楽祭。

その1つの会場である、「All of Me club」のにて。
清水秀子(vo.) 野萩愛(pf.) 斉藤誠(b.) 関根秀雄(ds.)
というメンバーのライブを見に行きました。

ピアノの野萩愛さんとは、「あまゆ」というユニットでご一緒させていただいて、もう2年以上経ちます。
愛さんには色々なチャンスを頂いて、いつもお姉さんのように気を遣っていただいてて、本当に大好きなミュージシャンです。彼女のピアノは、自分が知らなかった自分の演奏を引き出してもらってばっかりで、一緒に演奏するのが本当に楽しいです。

今回、自分が演奏するのではなく、愛さんの演奏を外から見に行くというのは、初めてでしたが。
もう。最高!
あ~、、愛さんのフィールドって、こういう場なんだなぁと、本当の愛さんの世界はこれなんだなぁ、、と。もう感動しきり。

ドラムの関根さんとは、一年前に一度だけディナーショーのお仕事でご一緒させていただいた事があるのですが、千葉の田舎に住んでる事まで覚えててくれて。久しぶりの再会を楽しみました。
関根さんほどの大ベテランの方が、気さくに「また一緒に演奏しようよ~」とか言ってくれて、何だか感動です。

あまり時間を空けないでまた会いたいな。

ベースの斉藤誠さんの演奏は、もう、絶句。
始まる前、関根さんが、「今日のベーシストは本当に気持ちよいんだよぉ」って言っていたのですが、一曲目が始まってすぐに、その言葉の意味を思い知りました。
リズムとは、こういうもん。
目指すべきビート感が確実にそこに。
そして、演奏してる時の体の使い方、リズムの感じ方。
見てて、本当に勉強になりました。
関根さんとは、良く共演されてて、リズム隊のお二人の息もばっちりでしたし。
すごく良いライブを見ちゃいました♪

清水さんの歌は、かっこいいんです。
MCもすごくナチュラルで。
人を魅了するヴォーカリストです。
視線の置きどころ、ぶれない立ち姿。
美しかったです。

何だか、圧倒的なパフォーマンスを見た後って、興奮しますね。

自分もそうなりたい。

ひとつずつ、、頑張ります!

この記事へのコメント