神威岬@北海道

日が沈むのが早く、午後4時半には暗い北海道。そこで朝早く出掛けようということになり7時には宿を出発。朝は濃い霧が。羊蹄山の脇を通り岩内町へ出て、積丹半島の日本海に沿った海岸線を走る。目指すは神威岬。今日の最終目的地は札幌。
昨夜は暗くて気付かなかったが、ニセコのお宿の周りの山々は紅葉していて綺麗。積丹半島も何てドライブに適しているんだろう。光が差し込む海岸線の土地を見ながらの運転は格別で。また、「シャコタンブルー」と呼ばれる海は、本当に色鮮やかな青で、吸い込まれそうだった。

途中、積丹町で温泉を見つけ立ち寄り、余市町でご飯。
いくら丼¥780とホッケ定食¥480をハルと注文し半分ずつ食べる。色々食べたいから、こんな時二人で旅行すると便利ですよね。それにしても安いな。
余市にあるニッカウヰスキー工場を見学&試飲&購入。
続いて、小樽市を観光。小樽運河、ガラス工場、オルゴール館と街を散策していると、良く目に付くのが「小樽地ビール」の旗。ふふっ。飲まないわけにはいかず。

そんなこんなで札幌に到着したのは7時くらいだった。
で、見て回った中で、本日一番印象に残っているのは、神威岬の強風。
前傾姿勢じゃないとその場にいられないほどの強風が吹き続け、笑いが止まらなくなった。自然の大きな力を前にすると、色々な事がどうでも良くなる。

夜は札幌に住むハルの友人を交えて居酒屋へ♪

この記事へのコメント